写真が売れる?PIXTAで新たなチャレンジをスタート!

副業
スポンサーリンク

インスタなどのSNSでいわゆる「映える写真」を撮る機会が増えてきていませんか?

日頃から写真を撮る文化が根付いてきているような気がします。

その写真が企業や個人の方から買ってもらえると知っていましたか?

写真が売れるサイト「PIXTA」に登録し、新たな収益源にチャレンジしていることについて紹介。

気になる方、これから始めようと思っている方の参考にしてください!

写真が売れるPIXTAについて解説!

PIXTAは簡単に言うと、写真買ったり売ったりできるサイトです。

これだけで説明がついてしまうのですが、仕組みを話すと企業や法人が登録しておりクリエイターが登録した画像を購入することができます。

もちろん、企業・法人だけでなく個人でも購入することが可能!

写真だけでなくイラストや動画の登録も可能で、気に入ってもらえれば購入してもらえます。

その結果、収入が発生するという仕組みです。

いくつかの写真販売サイトはありますが、PIXTAのクリエイターの数は30万人以上も登録されていて、国内で最も大きなサイトと言って良いでしょう。

PIXTAを使うには?登録の仕方について紹介!

写真を売る側、クリエイターとして登録するには利用規約をよく読み、どのような写真がアップロードできるのかを知らなければいけません。

グロテスクなものや性的なものなど、販売に適していないものがあるのは当然ですよね。

登録自体は簡単で、名前や住所・ユーザー名やログインパスワードを登録すればよいです。

また、販売したり購入したりと金銭を扱うため本人確認が必要。

本人確認は、免許証やパスポート・マイナンバーカードなどの写真を送る必要があり、確認にも時間がかかるので少しばかり待ちましょう。

そこまではいいのですが、最初に紹介したようにどんな写真が販売できるのかを把握する必要があります。

そのため、登録だけではなく簡単なテストがあるので、そのテストで満点を取らなければ登録できません。

説明をちゃんと読めば簡単なものばかりなので、きちんと読んでおきましょう。

ちなみに、私は1回間違えました。笑

間違えても使えなくなるわけではないので安心してください。

また同じ問題を再テストしくれます。

このテストをクリアすれば、クリエイターとして登録することが可能です。

⬇️素材を購入することもできるので気になる方は一度見てください。⬇️

写真素材のピクスタ

登録完了!PIXTAで写真を販売するには?

本人確認も登録も終われば、あとは写真を販売するだけですね!

ですが、すぐに販売できるわけではありません。

登録の仕方でも紹介しましたが、売れる写真と売れない写真の審査があります。

適切でない写真があるので審査は当然ですよね。

しかし、その審査時間が長いのです。

およそ1週間から2週間。

しかも、月に登録できるのは30枚まで

長いし少ないと感じた方もいるでしょう。

でも考えて見てください。

モラルのないものや悪影響を与えてしまうような写真もありますよね?

30万人ものクリエイターの登録がありそれを判断するためには、時間はかかりますし登録枚数も無限にしてしまえば確認できなくなるでしょう。

そこは割り切って焦らずに待てるようにしてください。

焦ってしまっては、良い写真も撮れませんよ。笑

PIXTAに登録した理由!

単純にカメラの面白さに気づいてしまったからです。笑

きっかけは子供達の運動会。

スマートフォンだけでは、物足りないと考えた私たち夫婦はカメラの購入を決意しました。

最初は、奥さんの提案でカメラを買い運動会でも奥さんが写真を撮っていました。

私にとっては、高価なカメラでしたので普段から写真を撮りまくって元を取るくらい活用してやるという貧乏精神でカメラを扱い始めました。笑

しかし、触っていく気づき、写真を撮るのが楽しくて仕方ありません。

ちなみに私が使っているのはSONYの「a6400」

初心者の私でも楽しく写真を撮らせてくれて今のところ大満足しています。

いつしかこの写真が何かの役に立てばなぁと思うようになり、色々調べていくうちにPIXTAの存在を知りました。

写真が売れるサイトがあることを知った私は本当に驚き、趣味で撮った写真が売れるなんて最高のサービスだと思いすぐに登録。

ただ撮っていた写真が売れるなんて驚きのサービスですよね。

さいごに|PIXTA状況と戦略について紹介!

登録したばかりで残念ながら販売まで行き届いていない状態です。

2021年10月30日に登録し、現在は本人確認待ちで30枚の写真を申請中。

本当に始めたばっかりで期待に胸を膨らましています。笑

そんなに甘くないものと覚悟はしていますが、趣味の写真でもしかすると収入が増えると思ったらワクワクがとまりません。

趣味なので苦痛なことは何もありませんし、始めたばかりなのでキツさも知らないです。

また、戦略ですが私はカメラが趣味になって間も無く、知識もそれほど無い状態。

やっとカメラの面白さに気づき始めたレベルです。笑

PIXTAを通してカメラが上手くなりたいと思っているのも、技術的戦略のひとつ。

ですので、登録している方の写真を見まくっています。

構図だとかテーマだとか撮り方だとか正直勝てる気がしません。

いわゆる映える写真や、テーマがしっかりとしてるイメージです。

同じような写真では技術も知識もない私は勝てるはずもありません。

しばらくの戦略としては

周りの写真を見まくって技術を盗む

違うテーマで勝負

この2点を戦略と掲げPIXTAに取り組んでいきます!

進展あればブログで紹介していくので、また見てくださいね〜〜

そいぎ!

写真販売PIXTA、1ヶ月の経過報告はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました